バイアグラの負担

バイアグラ自体は安全な薬ですが、治療を希望する患者さん全てに処方されるわけではありません。
持病があり、バイアグラを服用することで危険な状態を招きかねない患者さんに対しては、処方が禁止されているのです。
例えば、心臓や血管に障害を抱えた人には処方されることはありません。
バイアグラでセックスが可能になることによって、負担をかけすぎてしまうからです。
体への運動負荷はもちろんのこと、興奮を伴うので精神的な負荷もかかります。
健康な人にとっては何の問題もない負荷ですが、心臓や血管に障害がある人にとっては危険な状態を招きかねない負荷となります。
つまり こうした患者さんの場合、セックスを行うこと自体が危険なのです。
また、治療を受けないまま放置されている高血圧の人にも処方されることはありません。
コントロールされていないと、狭心症や心筋梗塞や脳卒中などを起こす可能性が高いからです。
そして血圧が極端に低い場合も、さらに血圧が下がり危険な状態を招きかねないので処方されることはありません。
さらに、重い肝臓障害によって肝機能が低下している場合にも処方されません。
血液中に入って効果を発揮した後のバイアグラは最終的に肝臓で代謝されるためです。
バイアグラ 通販は自分自身の健康を理解した上で利用しましょう。

2013年4月26日

このページの先頭へ